大転子ランニング

みやすのんきという漫画家が実業之日本社から出している

「大転子ランニング」で走れ!マンガ家53歳でもサブスリー

という本を買ってみた。実に魅力的なタイトルだ。サブスリー(3時間以内でフルマラソンを完走すること)は一般市民ランナーにとって憧れであり、達成できれば勲章でもある。ましてはマンガ家というやや不健康なイメージと53歳という体力的にも衰えているであろう年齢でサブスリーが達成となれば、興味は尽きない。

 

まだ前半しか読んでいないので本質部分までは到達していないと思うが、ここまで読んだところを自分の”走りに必要な調和”との間に共通点があるかどうか、つまり自分が腹落ちするするかどうかを検証してみた。

自分の中では手脚のタイミングと体の捻り、地面からの反発力などが調和した時に体全ての動きがマッチした感覚が得られると前回のブログで書いた。然し、このマッチングは突然やってきて直ぐに消え去ってしまうため、このメカニズム解明になるかもしれないという期待も持ちつつ少し読んでみた。

 

大転子ランニングの冒頭に書いてあるのが次のようなことだ。

「骨盤と肩甲骨は同じ側を同時に同じ方向に捻る」これは一般のランニング書にある「片方の肩甲骨が前に出る時に、体の逆側の骨盤が前に出る」へのカウンター理論だ。このカウンター理論を読んだ時思い出したのが、「手足が揃って歩く」ようなことなるのではないか?ということだ。本書の説明では、逆同士の骨盤と肩甲骨を前に出すというのは、背骨を中心に体を捻じ曲げる運動となり、体を痛めるだけで、いかなる運動にも適さないとある。確かに背骨を捻る(実際に捻ることも出来ないと思うが)のはかなり負担になりそうだ。

ここで自分が置き換えたのがスキーの運動。特に小回り(一昔前はウェーデルンと言われた)の時の体の動き。左に小さく回る時には右足でエッジを踏み込む(つまり右の骨盤が前に出る)。実はその際肩甲骨も右側が前に出るのだ。体は斜面に向かって正面を向いていないと真っ直ぐ滑れないので、前に出てる右の骨盤と肩甲骨をブロックする(壁を作る)必要がある。このブロックは主に体の上体で行うものでスキー小回りの場合は特に肩から腕に掛けた上体を使って壁を作る(この壁を作らないと、体全体が左に回り過ぎて、次の右ターン(左足荷重)に移れない)。

これをランニングに置き換え直すとエッジを踏む瞬間とは着地の瞬間になる。つまり足が前に出ているというよりも体の真下にある状態で、その時に同じ側の肩甲骨を前に出す、どうやらそういうことらしい。

早速試してみた。キロ5分30秒から6分程度の遅いスピードだが、思ったよりも脚の回転が早く、右足の着地時に右の肩甲骨というタイミングが取れない。テンポを取るため、両手を大臀筋に当てて右脚が着地する時だけカウントをしてみる。そのカウントに合わせて上体を意識してみると、確かにスキーの小回りのような感覚で走れる(意識的にストックを突くような腕振りをしてみた)。今後は左でカウントを取ってみる。そこで気付いたのは、左足荷重(右ターン)が苦手だったこと。右脚には体の体重を乗せられるのだが、左脚荷重は体の向きが悪く、力を伝えきれない。力が逃げている感じなのだ。これが実にランニング中にも起きていることがわかった。その後も左の着地時で合わせてみるとどうもぎこちないのだがこれは今後の課題としようと思う。

平地での検証はなんとなく出来たのだが、もっとスキーの小回りの感覚を確かなものにしたいと思い、思い付いたのが階段(登り)走。これは自分でも良い思いつきだったと思う。階段走では体を中心に振り子のようにしてやや左右にステップしながら試してみた(普通の階段走より疲れる)。これはより強く踏み込む感覚を得たかったからなのだが、これを試してみると同じ側の骨盤と肩甲骨が同期していること、体のブロックが必要だということがはっきりとわかった。

これらのテストからみやすのんき氏の「骨盤と肩甲骨は同じ側を同時に同じ方向に捻る」に関しては納得が出来た。

 

次のポイントは腕振りに関して。これも自分の課題。これに関しても一般的に言われている「肘を強く引くことで推進力が上がる」に対するカウンター分析だ。確かに冷静に考えてみれば肘を強く振ったところで足は一歩も前には出る訳はない。ではスピードが速い走りほど腕の振りが大きのは何故か?腕振りにより得られる効果は何か?その答えは免震効果とのこと。歩くにせよ、走るでにせよ、足の大きな動きが直接上体や重たい頭に伝わると体全体が大きく振動(影響)するのだ。その振動を抑えるための腕振りだということだ。これは両腕を胸の高さでクロスさせた状態で走ってみると、体全体が左右にブレて走りにくくなることで分かる。それ程に体は振れるのだ。これを抑制するのが腕の動き。従って、歩幅が大きく、スピードが上がればその大きな力を抑えるために上の振りも大きくなる必要があるのだ。

展開が理論的でここまでのところでは非常に解り易い。また、検証しながら走ってみるもの実に楽しいものだ。暫くは楽しめそうだ。